車のカーポートには注意が必要です

マイホームを計画にするにあたり重要なのが外構ですね。家づくりをするにあたってご主人のガレージ計画、奥様のガーデン計画があるからこそマイホームを持ちたいと思っているはずです。男のロマンですねガレージハウス!私も欲しいと思います。家づくりの計画にあたり外構計画も重要ポイントのひとつで、住むエリアにも影響されます。ガレージ付きの車庫、広い庭が欲しいと思ったら土地は30坪では現実的でなく最低50坪以上90坪くらいあるとゆとりの外構計画が出来ます。広い土地を希望される場合はやはり郊外しかないですね。人里離れれば100坪の土地でも格安で手に入ります。

カーポートは建築物です

カーポートについて、以前の記事でも触れましたが柱と屋根が付いている場合は建築面積に算入され固定資産税の評価対象にもなります。従来からある両脇に柱の立つタイプは意外と柱が邪魔になってドアの開閉で邪魔になります。スライドドアであれば問題無いですが4ドアタイプですと使い勝手が悪いです。最近では車の後部より片持ち柱で支えるカーポートがありスペースの問題は解消されますがコストがかなり高価です。

ラインアップ エフルージュ EX FIRST/ツインEX FIRST | エフルージュ FIRST(ファースト) シリーズ | YKK AP株式会社
次世代カーポート「エフルージュ EX FIRST/ツインEX FIRST」をご紹介するページです。駐車がしやすい後方支持タイプのカーポートです。

駐車場の間口ですが、1台あたり2500mmは欲しいところです。2台なら約5Ⅿは最低確保したいです。ただし柱が車の横につくカーポートだとかなり狭くドアの開閉に苦労すると思います。車3台駐車に屋根を付けたい場合はフラット屋根のカーポートになります。昔からある折板屋根のタイプですね。美観上はあまり宜しく無いですが、これも最近のカーポートであれば家のデザインも損なうこと無く設置できます。

LIXIL ビジネス情報|アーキデュオ3台用|カーポート|カーポート・車庫まわり・駐輪場|エクステリア
LIXILの建築関係者さま向けの商品情報ページです、各種商品情報を確認できます。

車やバイクが趣味で自分でメンテナンス作業をしたい人はガレージを希望されますが、これがかなりコストがかかります。建物内にビルトイン車庫を作ることも可能ですが排気ガスの事を考えると建物とは別にした方が良いと思います。ガレージタイプで有名なのがイナバ物置です。

倉庫・ガレージシリーズ|株式会社稲葉製作所
「やっぱりイナバ。100人乗っても大丈夫」の&#124...

100人乗っても大丈夫のCMでも有名で作りはかなり頑丈に作られていますのでしっかりと車、備品を守ってくれます。ガレージタイプまで来るとさすがにコストがかかり、材料と工事費で200万円~になってしまいます。車、バイクが趣味の方であれば大事な愛車を盗難、汚れ等から守ってくれますから設置したくなりますね。DIYでガレージを作ることも可能ですが、作業の手間、コストを考えると素人は既製品を購入する方が結果的に安く済みます。

今回はカーポートについて簡単に触れましたが、外構工事は本当にお金を掛ければ青天井ですので自分のやりたいことに優先順位をつけてください。スタッドレスタイヤどこに保管していますか?あると便利なものです↓

Amazon | アイリスオーヤマ タイヤラック ステンレス カバー付 サビに強い 普通自動車 (軽自動車/RV車) 耐荷重 120kg KSL-590C ブラック | タイヤラック・カバー | 車&バイク
アイリスオーヤマ タイヤラック ステンレス カバー付 サビに強い 普通自動車 (軽自動車/RV車) 耐荷重 120kg KSL-590C ブラックがタイヤラック・カバーストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。
タイトルとURLをコピーしました