ミスター住宅ローンREALのメリット・デメリット

今回はミスター住宅ローンついて解説します。住信SBIネット銀行の住宅ローンになりますがどんな内容でどんな特徴があるのか私なりの見解で解説してみますので最後まで是非読んでください。特徴としては一般のネット銀行とは異なり、対面で相談&手続きが可能な住宅ローン商品になります。

住信SBIネット銀行の住宅ローン 4つの特徴

魅力的な金利をご提供!

    • 変動金利   0.410%   通期引下げプラン(2021年2月適用)
    • 固定金利20年 1.24%  当初引下げプラン(2021年2月適用)
    • フラット35の取り扱いも有 フラット35S(保証型) 金利0.91%(2021年2月) 
      • 金利は申し込み時ではなく実際に住宅ローンを借入時の金利が適用
      • 別途借入金額の2.2%(税込)の事務手数料が発生(フラットは除く)

このミスター住宅ローンREALの特徴は、対面で相談が可能であること。ネット銀行とは異なり店舗での面談が出来るので不安な点や心配ごとが即座に相談できるのがメリットです。しかも金利が安い。対面相談も平日だけではなく、土日の相談も対応している点は良いと思います。

銀行ではよくある金利を全期間引下げか当初期間引下げにするパターン。表向き金利は引き下げ後の表示がされている場合が多く、実は基準金利はもっと高い

今回ミスター住宅ローンREALの銀行変動金利の基準金利は 2.775%で 当初期間引下げ幅を  -2.365%としていてその引下げた結果 変動金利0.410%としています。

但し表示金利は最大金利引下げ幅時の適用金利で審査結果によっては表示金利に年0.1%~0.3%上乗せになる場合があります。

と記載されていますので、

※実際には申し込み本人属性によって、金利は異なる可能性があります。

auじぶん銀行同様、基準金利は意味あるの?って感じです。この当初期間引下げプランの場合、20年固定は 基準金利 3.93%で 当初引下げ幅がー2.69%なので出来上がり 1.24%です。

融資の金利で注意しないといけないのは、適用金利は融資実行月だと言うことです。申し込み月に金利が安くでも融資実行時(抵当権設定時)が適用金利になりますので、数か月先の話になるので微妙な金利の増減は運任せです。

前回のauじぶん銀行同様の事務手数料! なんと借入金額の2.2%です! 3000万円の借入で660,000円 保証料が不要と言うものの事務手数料を取られる訳です、66万円であれば通常の銀行での保証料と変わらないので 保証料上乗せ 0.2%だとすると 変動金利出来上がり 0.61%ですので地方銀行と変わらないパターンです。

住宅ローン店舗について

HPにも住宅ローン店舗と記載がありますが、東京、千葉、埼玉、神奈川、大阪、兵庫にあるのが専属銀行代理店「ローンプラザ」

上記以外のエリアでは、SBIマネープラザ、島根銀行、福島銀行、仙台銀行にて相談、申し込み窓口となる様です。

完済までの「もしも」に備えた安心の保障がついてくる!

    • 金利の上乗せなしで団信・全疾病保障つき

団体信用生命保険は返済期間中にお客様に万一のことがあった場合に、保険金によって住宅ローンの完成を行います。またどんな病気、ケガでも保障する全疾病保証が無料で加入出来ます。

全疾病保障とは

正式名称は「団体信用就業不能保障保険」といいます。「8疾病(特定疾病および重度慢性疾患)」と「8疾病以外の疾病または傷害」により、所定の期間、就業不能状態が継続した場合に、保険金・見舞金が支払われます。

  • ※ 「8疾病(特定疾病および重度慢性疾患)」とは、ガン(悪性新生物)・急性心筋梗塞・脳卒中(特定疾病)および高血圧症・糖尿病・慢性腎不全・肝硬変・慢性膵炎(重度慢性疾患)をいいます。

月々のローン返済に対する保障

「8疾病」または「8疾病以外の疾病または傷害」で所定の就業不能状態になった場合、月々の返済を保障します。

ローン債務残高に対する保障

「8疾病」または「8疾病以外の疾病または傷害」で就業不能状態が続いた場合、住宅ローン残高相当額が支払われます。

長期就業不能見舞金

責任開始日以降に被った「8疾病以外の疾病または傷害」により、責任開始日から3ヵ月を経過した日の翌日以降に就業不能状態となり、12ヵ月を経過した日の翌日午前0時まで就業不能状態が継続した場合、見舞金30万円を保険会社よりお客さまにお支払いします。

全疾病保障 | ミスター住宅ローンREAL | NEOBANK 住信SBIネット銀行
住信SBIネット銀行は、決済や預金・ローン商品に加え、SBI 証券との連携サービスなどお客さまの資産全般を管理できるインターネット銀行です。

他の銀行と比較してミスター住宅ローンREALの保障内容は充実はしています。ただし条件が決められていますので詳細はミスター住宅ローン保障内容詳細のページにて確認をお願いします。

借りたあとも、ずっと便利!

    • 一部繰り上げ返済は1円からOK、手数料も何度でも無料

提携住宅ローン制度

    • 提携不動産会社が住宅ローンのお手続きをサポートします

大手住宅メーカーから不動産会社まで、提携会社はたくさんあります。提携会社利用の場合は提携会社より申し込み手続きを行う事になりますので各提携会社に問い合わせが必要となります。

つなぎ融資が必要となりますので、結局のところは提携会社を通してローンの申し込みをするのが良いと思いますがつなぎ融資については、提携会社の融通が利くかがポイントになる様な気がします。

今回の住宅ローン商品もつなぎ融資の面倒な事がポイントです!!!

決済日(融資実行日)に司法書士と立会いが必要で当然、決済日に所有権移転登記を行いますので法務局が開いている平日に手続きは必要になります。

 

ネット銀行の住宅ローン メリット・デメリットの実態
今回はネット銀行のメリット、デメリットの解説をします。スマホの普及で買い物、お金の決済がアプリで出来る様になりました。また住宅ローンもネットバンキングで借りられる様になりましたがその実態はどうなのか、今回の記事を読んで頂ければネット銀行の特徴、使い勝手、デメリットなどが理解できますので最後まで是非読んでください。

つなぎ融資の詳しいことはこちら↓

住宅ローンのつなぎ融資って何?あなたが社長ならわかります
今回は住宅ローンのつなぎ融資についてわかりやすく解説します。マイホームを検討する際、住宅ローンについて調べたり話を聞いたりすると思うのですが、たまに出てくるつなぎ融資、つなぎローンって初めて聞くと何それ?と思いますよね。つなぎ (繋ぐ)まさ...

 

まとめ

今回は価格ドットコムでも上位に紹介されている ミスター住宅ローンを取り上げてみました。私なりにまとめると以下の様になります。メリット、デメリットを理解して利用する様にしましょう。

メリット

  • ネット銀行と同じ金利優遇でありながら店舗で面談、相談申し込みが可能
  • 金利がほどほど安い
  • 手数料、諸費用も含めて借入が可能
  • WEB契約手続きも可能(条件あり)
  • 団体生命保険、全疾病保障が充実している

デメリット

  • 事務手数料借入額の2.2%が必要
  • 金利条件は申し込みをしてみないと実際は分からない
  • 土地融資は面倒
  • つなぎ融資が必要
  • 連帯保証人がある場合はWEB契約は不可

以上、最後まで読んで頂き有難うございました。今後もいろいろな銀行の住宅ローンを紹介していきたいと思います。

 

住宅ローンは複数金融機関に仮審査を申し込んで比較!

全国60銀行からシミュレーション&最大6銀行に仮審査申し込み

PVアクセスランキング にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました